高強度、高密度。 50%強の軽量化を実現。

セミホットチャンバー方式は、溶湯が空気に触れず、温度低下がほとんどありません。そして、低速充填の縦射出方式により、金属組織が緻密となり結果としてブローホールが少ないという特徴を持っています。
従来は他材料で製造していた製品のアルミ材への材料置換が実現し、軽量化が可能となります。

耐圧高強度アルミダイカスト (セミホットチャンバー方式)

構造原理

活用事例

鋳造技術Innovations