KSKは様々な教育訓練を通し、 社員の成長をしっかりと サポートします

定期採用社員は、3/21に入社し翌日から管理者養成学校の先生のもと3日間の教育を受けます。その後は、約3カ月の間、部門長による教育をはじめ、基礎教育・技能教育・工場見学等を行います。また、教育訓練の集大成として研修の成果を部門長以上の前で発表するという場も設けています。

1. 入社前教育

社員として必要な知識、社会人としての考え方など入社前にレポートを通して学びます。

2. 挨拶・礼儀訓練

挨拶・礼儀訓練

会社は組織で成り立ちます。その意味で仕事を進める中で一番大切なことはコミュニケーションであり挨拶であると考えます。

3. 座学

座学

各部署の責任者、行政機関の担当者が講師となり、各業務の基礎をしっかりと教えていきます。

4. 現場実習

  • 現場実習
  • 現場実習

KSKは「もの造り」企業です。現場での実習を通し基礎を学んでいきます。各製造責任者がしっかりとサポートします。

5. 特別教育

特別教育

(1) 基礎技能訓練

KSKを支えてきた、往年の機械を使い「もの造り」に挑戦します。いかにデジタル化した世の中あっても大切なことは人の「知恵と五感」であると考えます。

  • 現場実習
  • 現場実習

(2) KYT教育

仕事をする中で最優先されること。それは安全です。危険を事前に予知し、改善を実践することを学びます。

特別教育

(3) 各企業見学会

トヨタ自動車様をはじめ関連企業の工場見学会を通し、良いものを感じることができる感性を養います。

  • 現場実習
  • 現場実習

(4) 本社研修

KSKの考え方、方針、社員としての在り方を社長自ら新入社員の皆さんに分かりやすく講義していただきます。

6. 教育訓練結果報告会

教育訓練結果報告会

教育訓練の総仕上げとして、訓練期間中携わっていただいた皆さんへ訓練の成果を見ていただきます。
終了後、それぞれの配属先でOJT教育を通しKSKマンとして成長できるようサポートしていきます。

採用情報Recruit